2015/10/18

ゲイの友達は面白い!絶対作るべきゲイ友のすすめ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
そら
ゆとり世代の理系女子大生ライター。座右の銘は「悲しみなんて笑い飛ばせ!」ひよっこなりに、思いを伝えていきたいです。よろしくお願いします!!

こんにちは!そらです!!

 私には、ゲイのお友達がいます!!!

 

ゲイとの出会い

 

彼と出会ったのは高校生の時です。

 

クラスが同じで、仲良くなりました。

 

身長は私よりちょっと低めだけど、爽やか系イケメンで頭がよく、

 

友達もそこそこ多い彼。

 

「○○だろ」とかいう乱暴な言葉遣いではなく(むしろ私の方がこんな言葉遣い)

 

「○○でしょ。○○だよね。」という丁寧な言葉をいつもつかっていて、

 

彼の中性的で端正な顔立ちに合っていて別段おかしくは思いませんでした。

 

しかし夏のある日、話していると突然

 

「俺さぁ、実はゲイなんだよね」と。

 

その頃、同性愛者がこの世界にはいるという事実は知っていましたが、

 

ホモ等の二次創作もまったく見たことがなく、

 

現実でなんて一度も見たことのなかった私は、

 

?????????となりました(笑)

 

「そうなんだ!!!まじか!!!すげぇ!!!(?)」

 

と、小学生みたいな感想を漏らします(笑)

 

そして「彼氏」の話をし出す彼。

 

どんな人なの?と聞くと恥じらいながら

「イケメンで、体格が良くて、優しくて」と話す彼はとても可愛かったです(真顔)

 

まるで女子の恋バナを聞いているみたいでした。

 

驚きはしましたが、全く引きませんでした。

 

言うなれば彼の血液型を知ったような気持ちと同じでした。

 

別段特別なことではなく、彼に関する新しいことをひとつ知っただけ。

 

彼に対する見方、接し方は全く変わりませんでした。

 

むしろこういうことを胸を張って話せる彼は

 

本当に素敵だなぁ、とますます彼のことを好きになりました。

 

価値観が広がる

 

それから私は、彼の恋バナを聞きつつ疑問に感じることは何でも質問しました。

 

「彼氏になる人って、みんな最初から、男の人が好きな人なの?」

 

「ううん、違うよ。そういう人もいるけど、もともと女の人が好きな人もいる」

 

「ほえええええ!!!おまっ、すげぇな!そういう人惚れさせんの大変じゃないの?!どうやって告白すんの!!?」

 

「んー、たしかに大変だよ(笑)だって俺のこと恋愛対象として見てくれてないもんね(笑)でもなんか、いけた(どや)」

 

「すっげええええええ」

 

というふうに(笑)

 

彼の人柄がなせる技なのだろうな、と思います。

 

恋愛テクニック、伝授してもらえばよかったかな(笑)

 

そしてそれまでは、

同性愛の話なんて遠いどこかの世界のことだったのが、

急に現実味を帯びて私につきまとうようになりました。

 

少数派なのは間違いないけれど確かに存在していて、

私たちが恋愛するのと同じように恋愛をしているのだ、

と感じられました。

 

 

テレビで同性愛がどこかの国で認められた、

というニュースを見ると、

以前は(ふーん)としか思わなかったけれど、

(日本でも早く認められて欲しいな)と思うようになりました。

 

 

まだまだ偏見は多いし、

批判する人もたくさんいると感じますが、

彼らが存在することは否定することはできません。

 

否定してはいけないのです。

 

暖かく見守れる人が増えればいいなと切に思います。

 

ちょっと怖い!?オカマさんの話

 

オカマ

 

高校を卒業した後の春休み、彼とご飯に行く機会がありました。

 

彼は私の前だと取り繕わなくて良いと思うのか、

話し方がオカマさんぽくなることが何回もありました(笑)

 

「そら!あんた男には気をつけなさいよ~!!ゲイに恋しちゃったらおしまいよ!」とか

 

「『あんた』を多用するやつと派手なシャツに膝丈の短パンはいてる小奇麗なやつはだいたいオカマよ」とか

 

「お酒飲んだらたくさん水飲んで寝るのよ!」とか(笑)

 

その中で彼からちょっとこわぁいエピソードを聞きました。

 

オカマさんのコミュニティってあるみたいなんです。

 

そして会合を開くみたいなんですね。

 

お店に集まったりしてお話するだけなんですけど(笑)

 

その時にそのお店に入ってくる女の子を見ては

 

「あの子メイク上手いけど服のセンスがあれね」とか

 

「髪の毛の手入れちゃんとしてないわね~」とか

 

「あら、美人~!」とか言ってるみたいです(笑)

 

女の子よりオカマさんの方が美意識が高いらしいです(笑)

 

女子の皆さん、頑張りましょう!笑

 

いかがでしたか。

 

ゲイと出会ったことない!という人も多いと思います。

 

私は彼と出会ったことで価値観が広がり、

自分の体験したことのない話、

想像もつかないような話をしてもらえるのがとても楽しいです。

 

最後のこわぁい話は、ちょっと面白いですよね(笑)

 

オカマさんにメイクとかしてもらったら可愛くなれそうです。

 

みなさんにも、ゲイのお友達を作ることをおすすめします!(笑)

 

この記事を書いたライターそらはこんな人!

 

<感情を動かす技術を学べるメルマガへの登録はこちら!>

サイト管理人都筑はこれを知って人生が変わった!
人の感情を動かす技術が学べるメルマガです^^

その他にも、心理学・脳科学・恋愛・健康法など生活の中で役に立つ知識を発信していきます!



会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
そら
ゆとり世代の理系女子大生ライター。座右の銘は「悲しみなんて笑い飛ばせ!」ひよっこなりに、思いを伝えていきたいです。よろしくお願いします!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.