2015/11/03

SNSで見つけてしまった初恋の人!初恋の人との再会

 

この記事を書いている人 - WRITER -
miyu
愛娘を溺愛するシングルマザー。想像力だけはピカイチ(←妄想癖ともいう!笑)の、元モデルです。読んでくださった方が少しでも笑ってくれるような文章を書けるライターになるべく、現在奮闘中です♬ ショップもやっていますので、ぜひ見てみてください^^

こんにちは、未優です。30代、シングルマザー。

 

愛娘の成長に驚いたり感動したり。

貧乏だけど、旦那もいないけど、毎日頑張って生きてます。

 

さて。季節は秋ですが、

今年の夏は忘れられない夏になったワタクシ未優。

 

今日はその、ひと夏の思い出を書かせていただきます♡

 

私の永遠の憧れの人は初恋の君

 

私の初恋は中学1年でした。

クラスだけでなく、学年でも大人気の男の子で、

ダイゴくん(仮)という子でした。

 

私がダイゴくんを好きになったことでいじめにも遭いましたが、

ダイゴくんも少なくとも私のことを

好きでいてくれた時期があったと私は思っています。

 

なんでそう思うかって?

ダイゴくんの妹さんがね、うちに電話してきたんですよ(笑)

 

 

「お兄ちゃんが好きっていつも言ってます!じゃ!!」という驚きの電話でした(笑)

その日は浮かれまくっていたのを覚えています。

 

ダイゴくんとは一緒にクラス委員もやりました。

 

席替えをしてもなぜかよく近くの席になり、

授業中も休み時間もつるんでました。

 

今みたいに携帯なんてないから、

小さなメモにふざけて悪口書いて、

それを投げ合いっこしたりしながら遊んだり。

 

 

でもたまに、悪口じゃなくて

真面目な手紙が混ざってたりして、勝手にキュンキュンしたり。

 

私がひねくれて「ホントは嫌いなのに無理して話してくれてるんでしょ!」とか言っても

 

「嫌いなら嫌いという。お前には本当のことしか言わない。」とか返してくれて、

今思えば、かなりいい感じだったんだよなぁ・・・

 

 

多分ですけど、お互いにホントに好きだった。

 

と言うか、友達を通して

「付き合おうかって言ったらどうする?」とダイゴくんに伝えてもらったら、

 

ダイゴくんから手紙が来て、

「どうするって言うからOKって言っといたよ」と返事が来た。

 

うん、両想いやんね。笑

 

それでも恥ずかしくて、付き合おっかってちゃんと言えなくて。

 

そのうち、ダイゴくんとあの女を離れさせる!

って怒りまくった女子たちに、ダイゴくんはさらわれて行って(汗)

 

徐々に距離ができて、話も出来なくなって、

後に私は転校して、ダイゴくんとはそれっきりになってしまっていました。

 

 

いつも支えだった・・・ダイゴくんからの手紙

 

転校していじめから逃げたり。

 

いじめっ子と完全に関係を断つために

絶対に受かりたい高校があったので、勉強をめっちゃ頑張ったり。

 

でも、高校でも結局登校拒否児になってしまったりと

私の人生は楽しいことがそんなになかったけれど。

 

そのたびに、お守りとして持ち歩いていたのが、

ダイゴくんと投げ合いっこしてた手紙でした。

 

 

「猿(←未優のアダ名)、元気出せよ!」とか。

「俺は顔で好きにはならない。猿みたいに性格いいやつを好きになるよ」とか。

 

んも~。今思い出してもにやけちゃう。

小さなメモに書かれたダイゴくんの一言を、

いつも見ていられるように持ち歩いてたんです。

 

え?キモい?笑

キモいついでに白状します。

今も手紙、大事にとってます!笑

 

それほどにね、ダイゴくんが好きで、

ダイゴくんを忘れられなくて、ダイゴくんの存在は大きかった。

 

中学卒業してからは会うことすらなくて、

どこにいて何してるのかも知らなくて。

 

それでも何故か、ダイゴくん以外の人を好きになれなかった。

 

いつまでたっても

「ダイゴくん今どこにおるとかいな~。会いたいな~」と言っては、

友人にドン引きされていました(笑)

 

 

そんなある日。

 

ダイゴくんがどんな仕事をしていて、

どこに住んでいるかを、ひょんなことから知ることが出来て、

更に私の「ダイゴくんに会いたい熱」が大きくなるんですよ。

 

それなのに!数日後、結婚してることまで知ることとなり、

私の消化しきれなかった初恋は、

不完全燃焼のまま、幕を下ろさなくてはいけなくなりました。

 

 

結婚してるって聞かされたにもかかわらず、

いや、むしろ可能性がゼロになったからこそ。

 

「ダイゴくんに会って、想いだけでも伝えたい!感謝してたって伝えたい!!」

と打ち明けた私に、親友が言いました。

 

未優はね、もっと周りの人の気持ちを考えなきゃ。

好きなのは勝手だけど、ダイゴくんが困るとか考えないの?

 

ダイゴくんの奥さんが嫌な気持ちになるだろうなとか想像できないの?

 

はい。バシッと怒られました。

もっともですよね。確かに突っ走り過ぎです。

 

初恋の人だからって暴走するところでした。

 

ここでようやく私はダイゴくんへの未練を

(表面上は)断ち切り、月日が過ぎました。

 

 

彼女いる男の2番目の女になったり。

マザコンと付き合って、別れた後にストーカーされたり。

焦って結婚して失敗して離婚して。

 

そんなこんなありながらも、

どこかでダイゴくんへの未練を感じながら、

母親として奮闘していた時に、転機が訪れます。

 

 

SNSで見つけてしまったダイゴくん

 

Facebook。そこまで交友範囲も広くないし、

友人も数人の登録だけで、なんとな~くやってました。

 

そして本当に何気なく。

 

お正月に「ダイゴくんってFacebookとかやりそうにないよな~♪」と思いながら、

ふざけてダイゴくんの名前で検索をかけてみたんですよ。

 

そしたら!!!ビンゴしまして!!!!笑

 

びっくりした!まさか!そんなタイプに見えないのに!アハハハ!

と思うと同時に激しく動揺しまくる私。

 

 

何を思ったか【友達申請ボタン】をポチッとしてしまいました・・・

 

おおおおおおお!!!!!何してんだ自分!!!!!

 

申請の取り消し方を当時知らなかったので、

後悔しまくってしまくって、

 

夜も眠れなくて、あ~~馬鹿なことしたよな~~

絶対不審人物だ~~

覚えてくれてるかも分からないのに~~

 

(*_*)と、それはそれは悩みました。

 

 

スクリーンショット 2015-10-28 20.11.26

 

しかし、丸一日経ったとき。ダイゴくんから友達承認の返事が!!!!

 

おおおおおおお!!!!!←アゲイン!笑

今年はいい年になるじぇ~~~~!

 

と、浮かれて小躍りする母を娘がどう見ていたか分かりませんが(笑)

 

約20年ぶりに、ネット上とはいえ

繋がれたことで私はウハウハでした。

 

 

ですが、更にびっくりすることが起こります。

当時の私たちは、一応周りからもいい感じに見えていたようで。

 

ダイゴくんとよく一緒にいたタカシ(仮)からメッセージが来たんですよ。

 

「未優、ダイゴくんとめっちゃ仲良かったよね!」と。

「未優、ダイゴくんと会いたくない?」と。

「俺さ~、2人、会わせてみたいっちゃんね!」と。

 

そりゃ~?会いたいけど~?

ダイゴくん私の事あまり覚えてないって言ってたし~?

←メッセージで「同じクラスだったのいつだっけ?」と言われた(涙)

 

なんてタカシには言ってみたものの、

内心は「会いたいさ!!!!!」ですよ(´・ω・`)

 

そんな私の心の声が聞こえたのか?

 

タカシが!ダイゴくんが帰省するときに!

予定空けてくれって頼んでくれて!

 

この夏!私はダイゴくんと

20年ぶりに再会することが出来たんです!!!!

 

うっっっっはぁぁぁぁ!!!!笑

 

 

変わってないの。

感動するくらい。

顔なんて面影ありまくりで。

 

勿論、ちゃんと大人の男性なんだけど、笑った顔とか口調とか。

 

全部が、大好きだったダイゴくんそのままでした。

 

仕事のこととか。家族のこととか。

 

ダイゴくんとタカシが話しているのを、

私は緊張で固まって聞いているだけでしたが。

 

本当に心が暖かくなって。

タカシに感謝して。

わざわざ時間作ってくれたダイゴくんに感謝して。

 

娘を産んでからは一度も娘を親にあずけて

飲みにとか行こうと思わなかったけど、

 

この時だけは!と娘には我慢して貰ったので、

娘にはごめんねと思いながらも。

 

初めて好きになった人が、

今でも素敵な人のままだったって知れたのは嬉しかったです。

 

多分ね。この時。

 

 

【好きだったんですオーラ】がガンガン出てたんですよ、私(笑)

 

タカシが気を利かせて

私とダイゴくんを2人にしたりしてくれたけど、

 

そのたびにダイゴくん、

スマホ見て目を合わせようとしなかったし!!涙

 

でもいいんです。

 

中学1年の時の思い出と手紙だけで、20年間頑張れたんです。

 

もうね!本人に会えたんだから、

還暦ぐらいまで頑張れそうな勢いです!笑

 

みなさんは初恋ってどんな感じですか?

 

いい思い出ですか?

さっぱり忘れてますか?気にもしてないですか?

 

だれにでも必ずあるはずの初恋。

 

私にとっては、20年ぶりに会えたことで、

ようやくピリオドが打てたような気がしています。

 

自分の初恋の人が、今でも素敵なままだったらいいな。

ってやっぱり思いますよね?

 

実際に会わないほうが良いケースもあるかもだけど(汗)

 

初恋って、ほんと。なんか、いいね。

 

とりとめなくなりましたが、

そんな素敵な夏を過ごした未優は、今日も元気です。

 

こちらの記事を見た人はこんな記事も見ています↓

2番目の女になるなら覚悟を持って!女の旬はあっという間!

「手を繋がれたくらいで勘違いするな!モテない子ちゃんの悲しい思い込み」

 

この記事を書いたライター未優はこんな人!

 

会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
miyu
愛娘を溺愛するシングルマザー。想像力だけはピカイチ(←妄想癖ともいう!笑)の、元モデルです。読んでくださった方が少しでも笑ってくれるような文章を書けるライターになるべく、現在奮闘中です♬ ショップもやっていますので、ぜひ見てみてください^^
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.