2016/12/09

子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
miyu
愛娘を溺愛するシングルマザー。想像力だけはピカイチ(←妄想癖ともいう!笑)の、元モデルです。読んでくださった方が少しでも笑ってくれるような文章を書けるライターになるべく、現在奮闘中です♬ ショップもやっていますので、ぜひ見てみてください^^

こんにちは、未優です。30代、シングルマザー。

 

何よりも大切な愛娘の成長を日々感じながら

お金もないけど、旦那もいないけど、一生懸命生きています。

 

さてさて。今日私が書きたいのは、子供の育て方について。

子育てに絶対なんてないけど、

「それはどうなの?」って思ったことがあったので。

 

守ると過保護は違うよね?

 

私はまだまだ新米のひよっこママですが、

子育ては手探りながらも真剣にやっています(当然ですけどね)

 

娘はまだ保育園に通わせたりはしていないので、

ママ友って感じの人との付き合いは経験していませんが、

昔からの知り合いとかで子供の年齢が近い人から

連絡が来るようになったりはしました。

 

しかーし。どうしても反りが合わない人がひとりいます。

マイコ(仮)としましょうか。

 

マイコはとにかく自分が絶対だと押し付けてくる。

 

攻撃的な言葉ばかりかけてくる。

反論しようもんなら10倍20倍になって返ってくる。

そんな感じの人です。

 

彼女とは距離を置きたくても出来ない関係なので

仕方なく連絡はとっていましたが、

子供が産まれてからは更に付き合いづらいなぁと思うことが多くなりました。

 

 

赤ちゃん連れて、レッツゴー人混み!?

 

まず、去年の冬。

 

インフルエンザが流行り始めて、

不要な外出はできるだけしないようにと

ニュースなどでもやっているような時期のことです。

 

私の娘はまだ1歳にもなっていません。

マイコの子供は2歳目前。

同じ「幼児」とは言っても随分違うと思います。

 

出来ることとかもそうだけど、抵抗力とか体力とかね。

 

そんなマイコから

「来週辺り友達親子と出かけるんだけど、そっちも子連れで来れば?」と連絡が来ました。

 

マイコの子供も友達の子供も、ミルクは卒業しているし、

ご飯もわりとなんでも食べられて、歩くことも出来ますが、

私のところはメインがミルクだし離乳食も始めたばかりだし、

つかまり立ちさえしていない赤ちゃんです。

 

そんな子供連れて、市街地にわざわざ行きたくないなぁ・・・

 

何より寒い。真冬じゃん。

風邪引くじゃん。インフルエンザ心配じゃん。

 

出来るだけ子供は病気や怪我からは守りたい。

 

だから私はマイコに

「今インフルエンザ流行ってるし人混みには行きたくないかな。

食事とか大変だし、抱っこだけで荷物抱えては

ちょっと厳しそうだからやめておくよ」と返しました。

 

するとマイコ。

 

出たよ、過保護。そうやって家に閉じ込められてかわいそ~。

ただでさえシンママの子で可哀想なのに、

外にも出してもらえないなんて子供かわいそ~。

 

ときたもんだ。

 

はっ?過保護って言われることかね?

 

1歳にもなってない子供をインフルエンザから守りたいと思うのは過保護かね?

ついでに、毎回のシンママ批判もありがとう(怒)

 

まぁ断った理由は自分でも間違ってるとは思っていないし、

シンママ云々はいつものことなのでスルーしてこの時は終わったのですが。

 

 

何事も経験させろ!に異論はないけど・・・

 

スクリーンショット 2015-11-14 21.30.00

 

今年の春先。

 

娘がやっと1歳になってすぐの頃に、

またマイコから連絡が来ました。

 

「そっちの娘、そろそろカラオケデビューさせよ~」

はい?デビューって何。

 

マイコに聞くと、

「そろそろカラオケ行きたいんよね~。息子と2人も飽きてきたけん、

そっちも子連れで来ればいいやんと思ってさ」とのこと。

 

いやいやいやいや。いやいや!!

 

分かってます?

うちの子、やっと1歳になったばかりですけど。

カラオケっていくらなんでも早いでしょう。

 

大音量で耳に良くないだろうし。

お世辞にも空気がいいところではないし。

 

当然ですが、私は「うちはカラオケはまだいいや。

ちょっと早いと思うからさ」と断りました。

 

するとマイコ。

 

ま~ね~、そう返してくるとは思ったよ。

誘いに乗った試しがないよね。

 

子供からいろんな経験させるチャンスも奪ってかわいそ~。

まだ駄目、まだ早いって言って、何もさせてもらえなくてかわいそ~。

ただでさえシンママの子で(以下略。怒)

 

だからさ~。

一生カラオケにか行かないとか言ってないんですよ。

 

子供が歌が好きで、カラオケとか行ってみたいな~

ってなれば行こうと思ってますよ。

 

未優も子供の頃から歌が大好きで、

よく親族の旅行とかでマイク握って離さなかったらしいし(汗)

 

でもそれも幼稚園とか小学校に上がっての話。

 

1歳がマイク握って歌うはずもないし、

聴力に影響が出そうなことは避けたいと思うのが親でしょうよ。

 

なのに、マイコからしたらすぐ「かわいそ~」なんですね。

 

何でもかんでもケチつけたいのは分かるけど、

じゃああなたの子供はどうですか?

 

マイク持って歌ってます?

お母さんが大音量の中で歌ってるの、拍手でもして見てます?

 

よく送ってくる「息子とまたカラオケデート♡」とかの動画、

息子はポカーンと座ってるだけじゃない。

 

あなたがストレス発散でカラオケ行きたいだけじゃない。

私からしたら、そっちの子供がどう思ってるのかが知りたいわ。

 

と未優は思うわけです。

 

つまり!何が言いたいかというと!

 

先輩ママの言葉で救われた

 

スクリーンショット 2015-11-14 22.35.44

 

カラオケ騒動(?)がどうしても納得できず、

ブログで愚痴を書いた私ですが、

小学生の子供がいる先輩ママがこんなコメントをくれました。

 

赤ちゃん連れてカラオケなんて私も反対です!

ちょうど同じことを思う出来事があったばかりだよ。

 

子供を連れて耳鼻科に行ったんだけど、

私らの前に診察受けてたお母さんが聞いてたの。

 

ストレス発散で子供連れてカラオケ行ってもいいですか?って。

小さな赤ちゃん抱っこしてたよ。

 

そして先生は言ってた。できたら避けたほうが良いよね。

音も大きいし。

赤ちゃんびっくりしちゃうよ?どうしても行かなきゃ駄目?って。

 

それでもそのお母さん、

行くとしたら何に気をつけたら良いですかって。

 

仕方なく先生も、音は小さくして、

短い時間にしてあげようねって言ってたけど。

 

はっきり言ってコレは親のエゴだよね。

親が行きたいから子供も一緒にどこにでも連れてくかは人それぞれだけど。

 

未優ちゃんが我が子には早いって思うんならそれが正解だよ。

 

何も全てを禁じてるわけじゃないんだから。

見守る時期が来ればその時はその時。

守ることは親の役目だからね。

 

そうそうそう~~~~!!!そういうことなんですよ!!(T_T)

 

 

やりたいことを全て駄目って言ってるわけじゃない

 

真冬のお出かけにしろ。カラオケにしろ。

 

子供が自分で行きたいとかやりたいとかっていうのを、

頭ごなしに駄目って言ってるわけじゃないんですよ。

 

ただ。まだひとりでは何も出来ないに等しい子供を、

病気の心配から守ったり、

まだ早いと思いことをやめておくってことを、

過保護とか経験させてもらえないって言うのはなにか違うなと。

 

当たり前だと思いませんか?

もし、インフルエンザにかかって苦しむのは子供なんです。

連れていかなければよかった。辛そうな目に合わせて申し訳ない。

 

後から思ったってどうしようもないですよね。

だったら初めから予防するのは悪いことですか?

可哀想なことですか?

 

って言うことです。

 

人混みに行きたくなる時も来るでしょう。

たまには遠くに行ってみたい!あそこに行ってみたい!

って言い出す時も来るでしょう。

 

そしたらそれを、はなから駄目とは言いません。

 

危なくないかなって考えるけど、

ニュースになるほど環境が悪いとかじゃなければ連れて行くつもりです。

 

歌に興味が出てきて、カラオケ行きたいよ!

って言い始めたら一緒に行こうとも思ってるし。

 

音も小さめに。家族向けの部屋があるところで。

時間も少しずつにしながら。

用心はするけど、駄目とは言わない。

子供がやりたいということなら。

 

子供がやりたいって言い始めたら、

判断はするけどやらせてあげようという気持ちはちゃんとあるんです。

 

 

要は【守る】と【見守る】を履き違えないこと

 

スクリーンショット 2015-11-14 22.35.36

 

マイコからすれば私の娘は、外にも出してもらえず可哀想、

何も経験させてもらえなくて可哀想なんだろうけど、

私は親として子供を守っているつもりなだけで、

口が悪いけどハッキリ言ってしまえば

 

「よそのお母さんに我が子を可哀想だの何だの好き勝手に言われたくないわ!!」ってこと。

 

友達と遠出したいって言っても「危ないから駄目」

遊びに行ってみたいところがあるんだけど「遠いから駄目」

友達だけで電車に乗ってみたいんだけど「まだ早いから駄目」

 

これは守るとは違うし、子供から経験させることを奪ってる。

それは分かります。

 

多分、何歳になっても心配ですよ。

 

大きな公園に行ってアスレチックで遊びたいとか言い出したら、

オテンバな娘のことだから、

落っこちたり変なとこから飛ぼうとしたりして

大怪我するんじゃなかろうか、とか(笑)

 

大きくなってきたら、

お友達だけでちょっと都会の方に行きたいとかも言うと思いますけど

 

(田舎に住んでいるので、たいていの子供は中学生くらいになったら

電車で都会方面に行きたがります。笑)

 

道に迷わないかなとか、

お金取られたりしないかなとか・・・

(うん、心配症なんです)

 

それでもさ、そこは心配しながらも、やってみていいよ、

行ってきていいよって言ってあげるつもりです。

 

あくまで【見守る】ってことです。

 

今は、私が守ってあげないと、

誰が娘を守るんだ!って思ってます。

 

だから、無茶だと思うことは止めておくし、

マイコみたいな人とはぶつかると思うけど。

 

でも、娘の成長にあわせて、

いろんなことを経験させてあげたいし、色んな所に連れて行ってあげたい。

 

それこそ、シンママの娘だから何もさせてもらえなくて~、

なんて言われないようにね。

 

コレが私が思う【守る】と【見守る】なんですが、いかがでしょうか。

 

この先、幼稚園なんかに行き始めたら、

もっといろんなママ友さんとかに出会うのかな~、

と思うと怖い気もしますが(笑)

 

正解のない子育てについてたくさん考えてたくさん悩んで、

子どもと一緒に成長しようと思う未優でした。

 

一緒に読まれているおすすめ記事3選!

ママ友トラブルに悩むママたちへ。ママ友は友達じゃない

働くママの仕事をしながら母親であり続けるたった1つのコツ

【シンママの呟き】私が離婚した男は性欲の塊でした・・・

 

 

この記事を書いたライター未優はこんな人!

 

会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
miyu
愛娘を溺愛するシングルマザー。想像力だけはピカイチ(←妄想癖ともいう!笑)の、元モデルです。読んでくださった方が少しでも笑ってくれるような文章を書けるライターになるべく、現在奮闘中です♬ ショップもやっていますので、ぜひ見てみてください^^
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.