2015/07/12

ぴたご自己紹介

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ぴたご
駆け出しのライター。 三度の飯より飯が好き。黄色が好き。 ぴたごツイッターやってます@Pythagoras36

ぴたごの野望

はじめまして。ぴたごです。

 

この名前は、みなさんご存知のピタゴラスからとりました。

三平方の定理を発見した人ですね。

ピタゴラスを選んだのは彼が0を発見した人だと勘違いしたためですが、

特に数学者が好きなわけではありません。

 

経済学者はインテリ気取りみたいだし、

心理学者では恋愛狂いみたいだし・・・と思ってたどり着いたのが

ピタゴラスでした

(経済のインテリ気取りはともかく、心理学専攻は恋愛心理学目当ての女が結構いる、と思う)。

さて、自己紹介ということですので、

ここではこのサイトでライターをすることになった経緯についてお話したいと思います。

まず、私は心の隅に隠していた野望が2つありました。

 

その1

私は本が好きです。

小さい頃、父が毎週本屋へ連れて行ってくれたので、

だんだん好きになりました。

(それでも最初にハマって読んだのは科学雑誌「そーなんだ!」だった)。

 

大人向け、というか本格的に小説を読み始めたのは周りが大学受験に励んでいた頃です。

推薦で大学を決めていた私は退屈しのぎに本に手を伸ばしました。

そしたら、ハマるハマる。

 

独創性は皆無なので小説を書きたいとは思いませんでしたが、

文章を書く仕事には憧れを持つようになりました。

 

 

その2

中学生のとき少しだけラジオを聴いていた時期がありました。

全然有名じゃない、知らないおじさんがしゃべってるだけのラジオです。

それでもリスナーからのハガキを読んだり面白い話をするおじさんはカッコいい。

なにより楽しそうなおじさんの声を聞いていると

「私もあんなふうに話したい」と思い、将来はラジオパーソナリティになるのもいいなあ

なんて考えるようになりました。

 

そんな経緯で、私は“何かを発信したいんだ”ということに気がつきました。

でもそれはあくまで願望であって、

小学生の男の子が「サッカー選手になりたい」とか女の子が「アイドルになりたい」とか

思うような、遠い夢だと感じていました。

 

なのでこの2つの野望は早々に封印し、普通の大学生活を送り、

普通の会社に就職することになりました(その際のゴタゴタは別の機会に)。

 

入社した会社での仕事はまったく興味がありませんでしたが、

とりあえずやってみようという感じでした。

 

しかし残業つづきで体力が持たない。

仕事に面白みを全く見出せない。

終いには体調を崩して精神科に通うまでになってしまい、

泣く泣く白旗を揚げたのでした。

 

情けない話ですが、

勤めていた会社で反省文を書かされたときがありました。

へたっぴ運転で車に傷をつけたからです。

 

反省文なんて面倒くさい。

最初はそんなことしか思いませんでしたが、

書き始めてみると「文章書くのってこんなに面白かったっけ」という感じで、

むしろ楽しんで書いている自分がいました

(その頃反省文を書く以上に楽しいことがなかった私、なんて可哀想なの・・・)。

 

そして退社後、反省文だけは楽しく書いたことを思い出し、

その後芋づる式に自分が文章を書く仕事やラジオのDJに憧れていた記憶が蘇ってきたのです。

そして「次は自分の好きなことを仕事にしたい」と思うようになったのです。

 

ただ、ここで素直に夢を追いかけていいのかという葛藤はもちろんあって、

普通に考えれば新しい仕事を一刻も早く見つけて働くのが先決だということはわかっていました。

 

もし逆の立場で友人にそんな宣言をされたら頭ひっぱたくと思いますね。

目ぇ、覚ませと。それでも「やりたいことをやるなら、これが最後のチャンスだな」

ということも感じていたので、それなら今、挑戦してみようと思ったのです。

 

その後はクラウドソーシングを活用したり、

ライターを募集しているところに応募して仕事をもらったりしてお金を稼いでいます。

そしてその甲斐あってこのサイトで執筆させていただくことになったわけです。

 

まだまだ収入は少ないし安定なんてないですが、

会社勤めをしていた頃よりも単純に楽しいと思えるようになりました。

 

不安はもちろんあるけれどやりがいもある。

だいたい「やりがいのある仕事です」とか言っちゃう企業はブラックだと思うんですが、

やりがいの押し売りがひどいんですよね。

その点今は自分にとってのやりがいが見つけられたと思っています。

 

今後はこの仕事で生計を立て、

周りの人に堂々と「ライターをしています!」と言えるようになることが夢です。

 

もう野望とは表現しませんよ。

この志、叶えてみせようじゃないの!!

 

こんな感じでやっていきますのでお付き合いいただければと思います。

今後ともぴたごをよろしくお願いします。

会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
ぴたご
駆け出しのライター。 三度の飯より飯が好き。黄色が好き。 ぴたごツイッターやってます@Pythagoras36
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.