2016/12/09

不安障害の私~躁うつ病までの道程~前編

 

この記事を書いている人 - WRITER -

どうも。

とらきちです。

 

今回からしばらく私のメンヘラぶりをサクッとご紹介したいと思います。

同じような境遇の方、ぜひご一読ください。

 

まずは、一番初めにかかった、不安障害について触れたいと思います。

 

不安障害の症状って?

えぇと、まず申し上げておきたいのですが、

このシリーズまったくもって医学的見地からは書きません。

 

正確というか、一般的な話は、

ネットを検索していただければどこにでも転がっていますので…….

 

まったくもって私の私見のみで書き綴りたいと思いますので、

そんなので良ければ読んでください!

 

さて、本題です。

 

ある日、ふと気づいたら、寝られなくなっていました。

10年以上前の話です。

 

仕事に忙殺されて体は疲弊しているはずなのにです。

 

そしてそれと同時に、意味の分からない、

強い不安感や、何かに焦っているような焦燥感、

憂うつ感、無気力感。それらが一気に襲ってくる感じです。

 

特に困ったのがきっかけなく、それらの症状が出るときです。

 

後述しますが、仕事上のパワハラを受けたときなんかは、

原因と結果が直結しているので自分の頭の中では理解できます。

 

しかし、普通に生活している。

 

例えば、誰かと普通に会話しているときなどでも、

突然その症状が襲ってきてパニックに近い状態になるのが一番嫌でしたし、

それ自体が不安でたまりませんでした。

 

そして、ある日、ぷちっと切れたように、

仕事すら手につかなくなっていました。

 

 

でも中間管理職だったので、

否が応でも積み上げられた仕事する以外ありませんでした。

そこからどんどん負のスパイラルです。

 

強い不安感などで寝られない……

 

仕事に追われて疲弊しきる……

 

憂うつ、無気力感が半端なく襲ってくる……

 

また、寝られない……

 

今度は強い不安感に倦怠感のおまけがつく……

 

そんな症状にさいなまれる日々を送っていました。


スクリーンショット 2015-09-22 11.52.00

精神科探し

 

そんなこんなで半年くらいたったでしょうか。

 

さすがに限界を感じ始めた私は、ネットでいろいろ調べてみました。

結果、多分何らかの精神障害なのだろうと気づきました。

 

あまり気のりはしませんでしたが、病院に行ってみることにしました。

 

その時は、まず精神科じゃなくて

心療内科から行ったほうがいいのかなぁと

 

(なんとなくです。精神科っていうともっとひどい症状の人が行くところという印象があったので……)。

 

朝から心療内科に手当たり次第、

電話してみましたが、全部予約制。

 

来週以降じゃないと空いてないと言われました。

3時間ぐらい費やしたでしょうか。

 

(今しんどいから見てほしいのに……)

そう思った記憶が今でも忘れられません。

 

仕方なく、精神科も探してみたのですが、

こちらもまた予約制なので今日すぐには診察できませんとの回答ばかり。

 

(もうしんどい、病院行くのやめようかなぁ……)

と病院を探したりすること自体、

どんどん億劫になっていきました。

 

そして、精神科探しも2時間を超え、次で最後と決め、

電話したところ、すぐに診察OKの病院をやっとのこと見つけることができました。

 

(後日談ですが、心療内科も精神科もやることは同じなので、

一生懸命心療内科を探した意味はあまりなかったみたいです。

私は病院4つほどわたっていますが、

どの病院でも心療内科と精神科の両方を標榜していました……)

 

早速、A病院に向かいました。

 

 

精神科 通院してみよ!

 

いかにも精神科といった感じではありませんでした。

 

当時の私の頭の中では町はずれの田舎に

ぽつりとあるという感覚があったのですが、

普通の住宅街の近くにあって、

見た目もきれいな感じでしたね。

 

博物館とか図書館とか、そんな静かで落ち着いた感じの雰囲気で、

特に違和感なく中には入れました。

 

受付に行くと問診票を渡され今の症状を書くように指示を受けたので、

今の症状である、不眠、不安感、焦燥感、

憂鬱感、倦怠感がある旨、記入しました。

 

診察室の前で待つように言われたので、

移動して椅子に座ると、

何を話そうか考える間もなく「●●さん、どうぞ。」と、

診察室に入るように言われました。

 

初めての精神科、未知の世界に踏み込むドキドキと、

精神障害への偏見に対するびくびくを感じながら

診察室へ入っていった記憶があります。

 

担当の医者は、不愛想で、何をしゃべっているのか

よくわからない滑舌の悪い医者。

それが、第一印象でした.

 

まず症状について尋ねられたので、一通りの症状を話した。

また、仕事について根掘り葉掘り聞かれました。

 

医者が、

「少し様子を見ないと診断できないけど、長期的にそういう症状が続いているみたいだから、多分不安障害だと思うよ。」

 

というと、続けて

 

「仕事のストレスが大きいね。まぁでも会社勤めならどうしようもないか」

 

と、淡々と言いました。

 

私は、

(いや、そういわれるだけなら医者に来た意味ないのだけど……)

そう思いつつ聞き返しました。

 

「どうしたらいいですか?」

 

医者は、

「とりあえず、薬はデパス(抗不安薬)出しとくから、これ飲んでみて。じゃあ次2週間後ね。今日はいいよ」

 

とだけ言って、私に退室を促しました。

 

(……え、それだけ?)と、思いつつも

反撃するだけの気力・体力は残っていなかったので、

黙って病院を後にしました。

 

拍子抜けするほどあっさりと終わった診察に、

もっと重々しい雰囲気で診察されるのかと想定していた私は、正直驚きました。

 

この時は、(これが精神科の普通なのかな)

程度にしか思っていませんでした。

続!!!次へ続く




この記事を書いたライターとらきちはこんな人!


会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.