2015/09/22

絶対にやってはいけないサプライズ・プロポーズ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こっしー
こっしー 働く40代2人の子持ち主婦。ライターとしてはひよっこですが、フラワーアレンジメントは プロ級?です。(歴15年)今はガーデニングもやります♡

 

こんにちは。40代子持ち主婦、こっしーです。

 

最近、やたらとサプライズをする風潮が気になります。

 

プロポーズもサプライズなんて流行ですか?

 

ご自身だけでなく、家族や友達を巻き込んで、

業者に頼んでまで…???

 

こっしーは既婚なので通ってきた道ですが、

それを見るにつけ、

白けた気分になるのはおばさんの僻みでしょうか?

 

なんか、うらやましいというよりも、

見ているこっちまで恥ずかしい。

 

プロポーズの場に友達や家族がいたらそれこそ、

市中引き回しの刑に匹敵するぐらいの恥ずかしさ。

 

素直に「はい」って言えないかも。

 

私、歪んでるかもしれません。

 

でも、私のように考える女性もいるので

プロポーズのハウツーを検索する前に

男性もプロポーズの仕方はよくよーく考えたほうがいいですよ。

 

ちなみに、これはフラッシュモブです。

確かに素敵!!!

ですが、これが自分だったらと思うと恥ずかしさでいっぱいになっちゃいます。

 

そう、サプライズの扱いには注意が必要です!



 

20年前のプロポーズ

 

私は結婚して来年で20年になります。

ということは、20年前にプロポーズされている?!

 

「?」ってどういうことか。

 

私がお見合いで結婚したということは自己紹介や

他の記事にも書きましたので、そちらもみてくださいね。

(別記事「お見合い大作戦」はこちらから)

 

お見合い=すでに結婚前提である、ということ。

 

お見合いで出会い、お付き合いを進めるということは

すでに結婚に向かって走り始めているということです。

 

私たちも出会って2~3か月後にはもう結婚するということになっていました。

 

プロポーズはあったのか?

 

・・・あったような、なかったような。

 

たぶん、はっきり結婚しようというのはなく、

夫の車の中で、デートの別れ際か何かに

このまま一緒にいようね。

 

大事にするからね。

 

とか、そんな感じだった記憶。

 

それに対して私は、というと

「あ、はい」と言ったものの、

 

「これってプロポーズかな?」と思うような

はっきりしない感じでした。

 

感動も何もありませんでしたが、

だからって長年ずぅーっと不満に思うっていうことはありませんよ。

 

だって、もう結婚すると思っていたので。

 

つまんないですか?

 

欲を言うと、

はっきり「結婚してください」という言葉があるとよかったな。

それぐらいです。

 

前にも書きましたが、

 

もともと結婚願望はなく、

結婚に夢など抱いていなかったので、

そんなはっきりしないプロポーズらしきものでも良かったんです。

 

こんな女もいるんですよ。

 

むしろ、「よっしゃー!!これで結婚だぁー!」って

これからのことに目が向いていた気がします。

 

すぐに、「じゃあ結婚式とか入籍いつにする?」っていう話をしました。

 

別に「結婚しましょ」っていう

お互いの確認さえできればO.Kじゃないですか?

 

夫も、もともと「そんな恥ずかしいこと、できるかっっ!!」ていうタイプなので

 

私が感動的なプロポーズなど求めていなくて

ほっとしたって言ってました。

 

プロポーズは緊張するし、

ましてや演出を盛り込むなんて

難しいよって思っている男性は多いと思うんです。

 

世の中の風潮やメディアの流れって、

なんか現実とかけ離れている気がする。

 

それともビジネスが絡んでいるからかな?

 

メディアは少数のちょっと変わっていたり、

面白そうなことに食いついているだけで、

実際は全然違うってことをちゃーんと頭に入れておいてほしいです。

 

そうしないとイターい男になっちゃうよ!

 

女性は感動的なプロポーズを望んでいる!

だとか、

そういうプロポーズをしないと後々まで恨まれる!など、

 

どのハウツーをみても同じようなことが

書いてあるけど、そんなことはありません。

 

中にはそういう願望の女性もいるよっていうだけです。

 

価値観が多様化する現在なんだから、女性も様々です。

 

そんな型にはまった女性ばかりではありませんよ。

女性を勝手に型にはめるなっつうの!!

 

女性には2パターンある!

 

プロポーズや結婚式などに対しては

一生に一度だから、ぜぇったいに感動的なものにしたいと

思っている女性がいるのも事実。

 

たぶんロマンチストなんでしょうね。

 

そういう女性にはちょっと工夫したプロポーズが必要かもしれません。

 

結婚に対して夢と憧れがあったりするので、

ちゃんとプロポーズしないと

後々まで恨み言を言われちゃうかも。

 

でも、女性はみんなそんな感動的なプロポーズを望んでいるか、

というとそうじゃないよ。

 

私のように男っぽくて、

現実的で

まあ、そういうのはちゃんとしていればいいよ、っていう

パターンの女もいますよ。

 

あんまりそういうことを重要視していない。

 

私は特に人と一緒なのも嫌だし、

めっちゃ、あまのじゃくなので

私のようなタイプにはサプライズなんて逆効果です。

 

私なら、あまりにも照れくさすぎて、

サプライズなんてされちゃったら

「ぎゃははははは!何やってんの!」って笑っちゃいそうです。

 

たぶん、感動なんてぶち壊しでしょう。

 

ママ友などの経験者に聞いても、

そんなにプロポーズって重要じゃないよ。

 

はっきりとプロポーズされていなくても

案外みんなそんなもんだよねーなんて言ってます。

 

経験を踏まえると、私のようなちょっと歪んだ(?)女は

そんな演出いっぱいのプロポーズにケチをつけたくなっちゃう。

 

一生に一度とか言ってるけど、

離婚率がどんどん上がっていってるのに

結婚なんか一生に一度じゃないでしょう?

 

サプライズでプロポーズをしようとすると、彼女に黙って

動かなきゃならないこともあるだろうし、

 

その間って不審な動きが多くなって、

不信感を抱かれませんかね?

 

もしかしたら、サプライズ・プロポーズをする男は

プロポーズの演出を計画する自分に酔ってる?

 

本当に彼女を喜ばそうと思ってのことなのか?疑問です。

それとも、メディアに乗せられためでたい人なのか?

 

そんなこと考えてる暇があったら、

もっと仕事がんばったら?って思っちゃう。

 

ちょっと辛口ですか?

 

自分の彼女がどちらのタイプなのか、(どちらを望んでいるのか)

わかりにくい場合もあるので見極めておく必要、アリですよ。

 

みんながうなずくプロポーズ

 

自分の彼女はどっちのパターンの女性なのかわからない場合

どうしましょうか?

 

そうですね。

わかりにくい女性もいますから。

 

どんな女性にもうける、

プロポーズの仕方ってあると思いますよ。

 

私のようなあっさりした女性でも思ったのは、

はっきり言ってほしいってことでした。

 

だから、シチュエーションはどうであれ、

必ず二人っきりで、きちんと向き合い

照れずに「結婚してください」ってしっかりいうだけでいい。

 

この一言がきちんと言えていればどんな女性も

納得するんじゃないかな?

 

女性陣から「ええ~!そうか~?」「私はそれじゃヤだ!」という声が

聞こえてきそうですが、

結局、プロポーズってけじめをつけることでしょ。

 

だから、派手な演出なんて本当はいらない気がします。

 

サプライズ・プロポーズに見られるように、

最近、なんでもイベント化して軽薄な感じがします。

 

やるなら業者になんか頼まないで、自分で頑張ってください。

 

大丈夫ですよ。

できることで十分ですから。

 

決してネットで検索したハウツー情報を鵜呑みにしないこと。

 

結構、女性のことをわかっていない人や全く経験のない人が

ちょっと調べて書いていたりしてますから。

 

演出モリモリのプロポーズをしないといけないなんて思いこまないで

いいんですよ。

 

逆にシンプルなほうがいいと思うな。

その方が男性の誠実さも伝わる気がします。

 

ただ、場所、時間、ちょっとしたアイテムで変わるので、

そのあたりの工夫をすると格段に女子が喜びそうです。

 

特に場所は重要かもしれません。

 

景色のきれいなところや二人の思い出の場所。

 

そこでさりげなく、

でもきちんと「結婚してください」って言えれば

 

合格!

 

サプライズは必要ないですよ。

 

ただし、

間違えやすいのが、指輪は必要か?ということ。

 

プロポーズ

 

結論から言うと、

ここで指輪を「パカッ」とやっちゃってはダメです。

 

もともと、婚約指輪って文字通り、婚約のしるしです。

 

昔は結納の品の中に入っていました。

 

つまり、プロポーズの後のことですね。

 

今はあんまり結納ってやらないと思うし、

いつの間にか、宝石店とメディアに乗せられて

給料3か月分だとか、

指輪でプロポーズとかってことになっちゃっていますが、

 

ちょっと待った!

 

プロポーズは思い出として記憶に残るだけですが、

指輪は形に残るので、ぜひ彼女の納得いくものに

してあげてほしいのです。

 

プロポーズの時の用意しようとするとどうなります?

 

男性が独断で選んで準備しなければなりませんね。

 

しかも、彼女があなたの選んだ指輪を気に入るでしょうか?

 

それはわかりませんよね。

 

どうせプレゼントするなら彼女の喜ぶものがいいじゃない?

 

私の友達に、やはりそうやって彼が用意した指輪を渡された子がいました。

 

彼女は

「指輪をくれたことはうれしかったけど、小さくてもいいから

ティファニーものが欲しかったのに」って。

 

こんな風に彼女が言っているなんて彼は知りませんが、

せっかくなのになんか残念でしょ?

 

ネットなんかには指輪も用意しましょう!とか

事前に彼女の好みを調査しましょう!

なんて書いてありますが、

無理だと思いませんか?

 

サプライズで指輪を渡すのに、その前に宝石店へ連れていく?

 

それってもはやサプライズでも何でもないね。

 

女性は「あ、プロポーズに準備しようとしてるのかな」と絶対気づくよ。

 

それなら、後で二人でゆっくり選んだ方がいいんじゃない?

私は、絶対に自分で選びたかった。

 

婚約指輪ってかなりお高いものだし、

ちょっとしたプレゼントとは全く違うものですしね。

 

プロポーズはこだわりがなかった私も

指輪だけはこだわりました。

 

指輪はずーっと私の手元に残るし、

指輪を見たときに結婚を決めた時の気持ちを忘れないでいたいと思いました。

 

男性諸君!

 

プロポーズはシンプルで行きましょうよ!

指輪はその後で。

 

この記事を書いたライターこっしーはこんな人!

 

会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
こっしー
こっしー 働く40代2人の子持ち主婦。ライターとしてはひよっこですが、フラワーアレンジメントは プロ級?です。(歴15年)今はガーデニングもやります♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.