2016/12/09

うちに雀がやってきた!パート2~目が開いた編!~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
そら
ゆとり世代の理系女子大生ライター。座右の銘は「悲しみなんて笑い飛ばせ!」ひよっこなりに、思いを伝えていきたいです。よろしくお願いします!!

こんにちは!そらです。

 

前回から始まった、うちに雀がやってきた!シリーズ。 

ぜひ、出会い編から読んでみてください♪

さて、今回は名前決めからスタート!

 

6人目の家族!

 

 

晩ご飯の後、名前を決める家族会議が開かれました。

 

「もう一人の先生が飼ってる雀はちゅん太って言うんだって!」

母が言うと、「じゃあちゅん助」と弟。

 

「ダサいからなし」と却下する妹。

 

んんん~~、と、母弟妹が考えているのを横目に、私は高らかに宣言します。

 

「ふっ、姉ちゃんはもう考えてあるんだよ…

 

 

 いつか大空を羽ばたいていけるように、

『空』と書いて『くう』にしよう!!」

 

「えーー」反抗期の妹からのブーイング。

 

「いいじゃんくう!かわいいじゃん!!」

 

「いいかも…」弟は気に入ってくれた様子。

 

「おおー、名前に意味があるし、いい!」母の票も獲得です。

 

「いいぞー」と父も言ってくれました。

 

ここは民主主義の国!(笑)

 

多数決によって、新しい家族の名前が「空(くう)」に決まりました!

 

「じゃあ今日うちに来たから、誕生日は8月5日ね!くう、よろしく!」

 

お気づきの方も多いと思いますが、

くうの名前は、私のライターとしての名前の元になっています。

 

お世話は大変!

 

「お母さん、こいつ、何食べるの?」と聞くと、

 

「これ!練り餌!」と、何かをぐるぐる混ぜながらやってきました。

 

練り餌というのは、緑色の粉に水を適量加えて練ったもので、

何やら抹茶とか植物のにおいがします。

 

これを2~3時間ごとに食べさせないといけないみたいです。

 

竹串の尖っていない方に乗せて、

雛のくちばしの先端をちょんちょん、とつつくと、

 

「ぴぃ!ぴぃ!」と大きな声で鳴きながら

首をもたげ、口をパカっと大きく開けます。

 

おお、これはテレビとかで見たことあるぞ、

ツバメの雛がよく巣で餌をもらうときにやっているのと一緒だ…と感動(笑)

 

そこに、(おえってならないのかな…)というくらい、

のどの奥までぐいっと竹串を突っ込むと

口を閉じて上手にごはんを食べます。

 

噛まずに一気飲みです。

 

飲み込んだ後はまた、「ぴぃ!ぴぃ!!」(笑)

 

かわいいなぁ~~と言いながら何回か突っ込むと静かになりました。

これで一回のご飯は終わりです。

 

とりあえずひなのうちは、

この練り餌しかあげたらだめだと教わったみたいです。

 

体が小さいから頻繁にお腹がすくんでしょうね。

 

一生懸命鳴いて、一生懸命ご飯を食べる姿は、

ブサイクなのにとってもかわいかったです。

 

もう一つ大変なことは、うんち!

 

雀は基本的には、犬みたいに

トイレを覚えたりはしないみたいです(笑)

 

なので、うんちをしたらすかさずティッシュでふき取ります。

 

そして、段ボールハウスの床に敷いている新聞紙は一日一回、交換します。

 

小指の爪の半分くらいの大きさの

うんちを不定期にするので、

 

たまたま見ていなかったときとか、

ずりずりと動くときに自分の体にうんちを体に付けていたりして、

 

「のおおおおおお!!!!!汚いよ!!くう!!!!!」と絶叫したり(笑)

 

全然臭くないし、いいんですけどね(笑)

 

誰が親!?目が開いた!

 

スクリーンショット 2015-10-09 23.16.13

 

動物の赤ちゃんって、最初に見たものを親だと思う、

っていうじゃないですか!

 

空はまだ目が開いてなかったので、

誰が親になるか、とてもそわそわしていました。

 

だって親になったらきっと一番懐いてくれるじゃないですか!

 

みんなくうが大好きなので家族全員が、

「くうの目が開いた時に最初に見るのは自分がいい!」と必死でした(笑)

 

「まだ開いてないね~」

 

「くうおはよう~~」

 

かわるがわる、頻繁にくうの様子を見に行く家族…

 

 

と、ここで私に大きなハンデが!!!

 

8月の10日ごろから二泊三日で部活の合宿に

いかなければならなかったのです…!

 

10日の早朝、まだ目が開いていないくうに

「まだ目開けないでね、行ってくるね」と頭を撫でて、私は出発しました。

 

そして合宿が終わり母の車に乗ったとたんに聞きました。

 

「くう、目開けた!?」

 

ドキドキして、(まだ目を開けてませんように…!)と思っていると、

 

「あ、昨日開いたよ~~」と無情な言葉…

 

私は、親レースに参加することさえできなかったのです…

 

「あああああ」と頭を抱えました(笑)

 

「誰が最初に見つけたの!?」と聞くと、弟だと言います。

 

「あいつなんも世話してないのにー!!!」と、

きーっとなりながら家につきました。

 

「ただいま!くうー!」と飛んでいくと、

そこには、つぶらな瞳をこちらに向けるくうがいるではありませんか…!

 

相変わらず大きなくちばしは変わりませんが、

すこーしずつ生えてきた羽毛もあいまって、

「か、かわいい…!」と漏らしてしまいました。

 

頭もまだ半分はげ、みたいな感じなんですけどね(笑)

 

「かわいいかわいい!くうかわいい!きゃー!!」と、

初めて見たときにブサイクとこぼしたことなんてもう忘れて、

騒ぎまくっていると、

 

妹から「姉ちゃん、うるさい」と怒られました…

 でも、ほんとにかわいかったんです!

 

親ばかだとよく家族に言われましたが、

ほんとにくうはかわいかったんです…(笑)

 

~飛んだ!編~に続く

この記事を書いたライターそらはこんな人!

 



会社を辞めて自由に生きる方法を教えます!


どうもサイト管理人のゆりです。

私は22歳の時に会社を辞めてから、
月収で100万ほど稼げるようになりました。

才能があったわけでも、
環境に恵まれたわけでもないです。

もともとすごく頭が悪かったし、
会社では仕事ができない人間で有名でした。

そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んでみたら
あっさりと人生逆転できました。

私はビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
感情を動かす方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
学校では学べないことを勉強してきました。

その経験から
勉強して、挑戦して、成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると思っています。

私は、自由で楽しく
自分のやりたいことをやれる人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
楽しい人生を送れる人が増えると本気で思っています。

人生の質を上げるお手伝いが出来たら嬉しいのです。

そういった理念から、
私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから今の資産を築いていったのか、
その成功体験を一つのPDFにまとめてみました。

ストーリー形式で作っていて、
10分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。

→「月収100万円を稼ぐビジネスモデル付き」人生逆転ストーリーを読んでみる


★メルマガ登録はこちら★








 


この記事を書いている人 - WRITER -
そら
ゆとり世代の理系女子大生ライター。座右の銘は「悲しみなんて笑い飛ばせ!」ひよっこなりに、思いを伝えていきたいです。よろしくお願いします!!
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

  2015/11/03
スーパー方向音痴!頭が悪いんだと思っていたけれどその原因は「ADHD」だった?
  2015/10/15
糖質制限&加圧トレーニングでダイエット。3か月で10Kg減!
  2015/10/08
子育てを頑張るママたちへ。少し楽になる男の子の子育て法
  2015/10/02
初めてのライブ!ライブの持ち物を準備して最高の思い出を!
  2015/10/01
猫の空輸体験談フランスから日本へ!冷や汗と涙で綴る
  2015/09/27
PMS、PMDDに苦しむ人たち必見!対処法をご紹介
  2015/09/25
反抗期を迎えた子供の親必見!反抗する子供と反抗しない子供
  2015/09/13
虐待になる前に、助けを求めよう!子育てを頑張るママたちへ告ぐ
  2015/09/13
自分が鬱になるなんて・・・誰にでも潜む鬱の可能性
  2015/09/06
夫がうつと診断されたきっかけは仕事だった
  2015/09/06
コミュ障克服!いろんなものに興味を持とう!
  2015/08/30
吐きつわり?唾液つわり?と思ったら逆流性食堂炎だった話
  2015/07/31
仕事辞めたい・・・。うつになるほど辛かった営業職
  2015/07/20
【社会人の友達づくり】大人はどうやって友達をつくる?
  2015/07/16
病院選びは慎重に!出産の記憶は一生もの!
  2015/11/14
子供の子育て「守る」と「見守る」は違う!親の役目って?
  2015/11/11
うちに雀がやってきた!パート6~くうと家族編~
  2015/11/08
転校していじめられていた時に助けられた思い出<後編>
  2015/11/07
転校していじめられていた時に現れた私のヒーロー<前編>
 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© quality-of-lifestyle , 2015 All Rights Reserved.